スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待機児童温存か 保育園基準緩和か は究極の選択 -保育園増設こそ

子ども1人当たりの部屋の最低面積などを国が定めている保育所の最低基準。これを撤廃しようとする動きが「地方分権」の名で進んでいます。最低基準などの撤廃の可否についての各省庁回答期限(4日)を前に、長妻昭厚労相は先月末、都内の保育所を視察しました。事態が緊迫するなかで、
「しんぶん赤旗」は
最低基準撤廃の動き緊迫 保育所/布団びっしり 詰め込み限界
との記事を掲載している。

今日の夕刻のテレビニュースで、
基準緩和すれば待機児童が解消される。
基準を温存すれば、待機児童は解消されないような報道をしていた。
保育園増設の選択肢を示さないで究極の選択を迫る報道は、おかしい。
その二者選択を迫る形での長妻昭厚労相の動きもおかしい。
さすがにテレビでも現場の保育園長から、基準緩和に厳しい声が出ていた。

小学校では待機児童はいない。年度初めからの40人以上学級もない。
地方分権とは、国の基準を地方が上回ってもよいと言うことではないのか。 しま

コメント

非公開コメント

センター北駅の時計

ブログランキング

このブログを応援してくださる方は、上の画像それぞれをクリックして下さい。一日一回有効です。

月・年別アーカイブ

ご意見を お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

新着情報をRSSで配信中

われもこう♣日本共産党 都筑区後援会♧のRSSフィード

QRコード

QRコード

プロフィール

しま

Author:しま
事務局のブログ担当です。
日々の様子、都筑区の魅力を伝え、皆様と交流ができたらと考えます

しんぶん赤旗 最新ニュース

    RSS_cuba2を使用

    横浜市議団 ニュース

      RSS_cuba2を使用
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。