FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国から6.6億円-第2次義援金を自治体.農協・漁協に届ける

全国各地から多くの募金が寄せられています。ありがとうございます。

全国から6.6億円 
日本共産党が被災者への支援活動として全国でとりくんでいる「東日本大震災救援募金」は、中央委員会に6億6千万円を超える募金が寄せられています。

 
党に託された募金のなかから、第1次義援金として82の被災自治体に届けました。

 第2次義援金は、第1次義援金を届けた自治体のうち、岩手、宮城、福島の3県と沿岸部で被害の大きかった35自治体に加えて、3県の22の農業協同組合、46の漁業協同組合に直接、届けています。
 

党は4月下旬から全国的にボランティアの受け入れを開始し、救援物資をふくめ、これまでに被災地に届けた総額
は6億5千万円を超えています。

 第2次義援金は、党の中央・地方の役員や国会議員、各地方議員らが自治体の首長や各団体を訪ね、義援金とともにわが党の「復興への希望がもてる施策、原発からの撤退をもとめる―大震災・原発災害にあたっての提言(第2次)」、不破哲三社研所長の講演パンフ「『科学の目』で原発災害を考える」などを渡し、被災現地の要望・意見を聞き、党の活動も報告して、救援・復興について意見交換してきました。

 「しんぶん赤旗」6月4日より抜粋 詳しくは ここをクリック

続きを読む

原発ゼロ署名行動に参加を

「原発ゼロ署名」行動にご参加を

6月11日(土)1時30分~

センタ-南駅前


 「原発ゼロ署名」行動を行います。
 不破哲三元委員長の【「科学の目」で原発災害を考える】パンフ(150円)を販売します。
 
 多くの皆さんの参加とご協力をお願いします。

大震災復興支援と原発ゼロ署名に お力を

 すすまない震災復興。増すばかりの原発の危険性。テレビに映る被災地の状況を見る度に涙を流さすにはいられません。

 日本共産党横浜北東地区委員会からも現地に救援隊が入っています。
 5月10日から10日間、宮城県石巻氏に支援活動に参加したY.Wさん(26歳)は「多くの人は未来に希望も展望も見いだせない状況が続いています」「こんな時に必要なのは政治の力です」と語っています。

都筑区からも救援隊を-検討中 
第二陣が6月8日に出発します。救援活動はかなり長期にならざるを得ません。都筑区からも救援隊を送り出せないのかと検討中です。車4人くらいで乗り合わせて行くのが効率的です。現地対策本部も「まとまって来てほしい」と言っています。2泊3日が最低基準となりますので、可能な方は北東地区(511-1021)までご連絡をお願いします。

原発ゼロ署名に お力を
 救援と同時に、原発をゼロにする運動も大きく発展させなければなりません。
 日本共産党は「日本政府が原発からの撤退を決断し、原発をセロにする期限を決めたプログラムをつくることを求めます」を要求項目にした請願署名を開始しました。署名集めにご協力ください。

無料法律相談会のご案内

無料法律相談会

6月11日(土) 12:30~15:00

専門の弁護士がご相談にのります。

予約制です。事前にお電話ください。
電話 543-4138

主催 日本共産党都筑区後援会

都筑女性後援会で長野旅行に





長野の飯綱高原にあるTさんの山荘に一泊で行って来ました。

上田の戦没画学生慰霊美術館『無言館』に寄り 戦争によって絶ちきられた、絵筆への思いを重く受けとめました。
★横浜赤レンガ倉庫で5月26日~6月14日 「無言館」所蔵作品による 戦没画学生「祈りの絵展」がひらかれます。

昼に信州蕎麦を食べて、飯綱町に入ったら、道路脇に大きな《赤旗》の看板に皆んなから歓声が。

夕食後はじっくりと学習、活発な討論が続き夜が更けました。

翌日は戸隠高原に向かい、遠く雪の北アルプスをのぞみながら、カタクリの花 水芭蕉の花の群生、高山植物を観て、自然の素晴らしさ 大切さを実感しました。

お天気にも恵まれ、楽しく交流、学習ができた女性後援会の旅行でした。

平和の一歩! 歩きました




5月10日に 国民平和大行進が 都筑区をスタートして青葉区へ、そして昼食後緑区にはいり中山の緑区役所まで行進しました。

朝8時半に都筑区役所前に集合 区役所の総務課長さんからの激励挨拶を受けて元気に出発しました。

横断幕やそれぞれの団体の旗を持ち、思い思いの要求を書いたプラカードやウチワなどを手に 賑やかに歩きました。 お揃いの黄色いネッカチーフなど華やかに工夫をこらした新婦人のみなさん、法被姿の民商のみなさん、などなどとご一緒に都筑後援会も旗を持って参加しました。

心配した雨は大丈夫でしたが、蒸し暑い一日で 水分補給しつつ 歌を歌いながら 楽しく平和の一歩 一歩を歩きました。

無料法律相談のご案内 5/14(土)12:30~

都筑区法律相談(無料)を行います。

都筑区の無料法律相談会
 5月は 14日(土) 12:30~

  予約制です。電話《543-4138》
でお申し込み下さい。

※悩んでいること 困っていること 弁護士に相談してみませんか
 「弟が借金重ねて困っている…」
 「相続問題で相談したい…」
 「失業して家賃が払えない…」

などなど どんなことでも お気軽にご相談ください。


主催 日本共産党&日本共産党都筑区後援会

玄関前の鉢植え


玄関前の鉢植えです。
ラナンキユラスが咲き誇っていました。 

 





場所 都筑区牛久保東 周辺
撮影年月日 2011年4月3日

花に囲まれ党のビラ配る

あざみ野に咲くミモザ2011.3.20


ユキヤナギ オオイヌノフグリ 揺れるミモザ 花に囲まれ党のビラ配る
 
          
                             ふみひと


青葉区のあざみ野地域にビラ配布の応援に入って。

最近の一戸建て地域で350枚のビラを配布中に10本ほどのミモザを見ました。



ところが、正式には、この花は、ミモザではなく

 ミモザは、本来はマメ科の植物であるオジギソウを指すラテン語名だそうです←ウィキペディアより




フサアカシヤ (ネムノキ科)別名 ミモザ

撮影年月日 2011年3月20日
撮影場所  横浜市青葉区あざみ野付近
携帯電話での写真です。




第一次分 2億6800万円を被災地に!

日本共産党に託された救援募金
第1次分 2億6800万円 被災地に


2011年3月31日(木)「しんぶん赤旗」より



 日本共産党がよびかけた「東日本大震災救援募金」は全国各地で取り組まれています。

 そのなかから、岩手県、宮城県、福島県に各1000万円を届けたのにつづき、20市、20町、7村の合計47自治体をたずね、第1次分として直接、届けつつあります。

 これには志位和夫委員長、市田忠義書記局長、高橋ちづ子衆院議員ら中央・地方の党幹部がその自治体の党議員らとともに参加し、被災のお見舞いや現場の要望を聞き、党の救援活動も伝え、ともに力をあわせて、苦難に立ち向かうことを話しあっています。

 義援金は、市町村には、被災の規模に応じて、500万円と300万円に分けて届けます。また、義援金の一部は被災地の地方議員や党組織が取り組んでいる救援活動での物資の輸送・確保などにあてられています。総額で2億6800万円になります。

 志位委員長は地震・津波にくわえ、深刻な原発事故被害に直面し、役場ごと埼玉に避難している福島県双葉町の町長をはじめ、飯舘村村長、南相馬市市長や、千葉県旭市市長に義援金を手渡しました。市田書記局長は、村の半数以上が倒壊した長野県栄村の村長を激励しました。

 どこでも「心から感謝を申し上げる。復興のために大切に活用させていただきます」「こんなに多額の義援金ありがとうございます。市民のために有効に使います」など、感謝とともに救援・復興への決意がのべられました。





○第1次義援金の対象自治体
 岩手県、宮城県、福島県

 (青森県)八戸市、階上町、おいらせ町

 (岩手県)久慈市、野田村、岩泉町、田野畑村、盛岡市、宮古市、山田町、普代村、洋野町、住田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市

 (宮城県)気仙沼市、南三陸町、女川町、石巻市、東松島市、松島町、塩釜市、七ケ浜町、多賀城市、仙台市、名取市、岩沼市、亘理町、山元町

 (福島県)新地町、相馬市、南相馬市、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、広野町、葛尾村、川内村、いわき市、飯舘村

 (茨城県)北茨城市

 (千葉県)旭市

 (長野県)栄村



 このなかに、都筑区や青葉区の共産党や共産党後援会が取り組み、皆さんから寄せられた義援金も、このなかに含まれています。
 ありがとうございました。

 さらに、皆さまからのお気持ちをお待ちしています。

義援金1000万円渡す-宮城県へ共産党対策本部

20110320募金を宮城県へ

 被災地支援問題で日本共産党中央委員会は19日、全国から寄せられている義援金のうち1000万円を宮城県に贈りました。第1弾として実施したもので、20日には福島・岩手両県を訪れます。-しんぶん赤旗2011.3.20より

 義援金1000万円渡す/宮城県に共産党対策本部 - しんぶん赤旗
↑詳しくは、こちらをクリック

 青葉区や都筑区の街頭でお寄せいただいた募金も、神奈川県委員会を通して日本共産党中央に集めています。

大震災の救援募金を訴える-センター南駅

サンター南-救援募金訴え
 都筑区後援会は、19日午後1時半から約一時間、センター南駅周辺で 東北大震災の救援募金を訴えました。
 隣では、ライオンズクラブの人達も、救援募金を訴えていました。
 都筑区後援会では、約10人ほどで、募金箱を持ち、チラシを配りながら、訴えました。
 いつものセンター南より人通りは少なかったものの、小学生、若者などから、次々と募金がありました。
 募金額は、2万8034円集まりました。
 募金は、共産党が預かり、被災地の救援に募金します。その結果は、後日報告いたします。
 ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

センター北駅の時計

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ご意見を お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

しま

Author:しま
事務局のブログ担当です。
日々の様子、都筑区の魅力を伝え、皆様と交流ができたらと考えます

月・年別アーカイブ

新着情報をRSSで配信中

われもこう♣日本共産党 都筑区後援会♧のRSSフィード

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。